"Life- Move- Noise"|2006|nylon, Plastic|230×200×400cm

We hear noise (vibration) throughout our body − even inside the body. When a thing moves, it generates noise; it is the energy of the thing and all things exist influencing one another.
This work represents “body space” and keeps its shape filled with air. “Body space” means “myself, and the space between myself and another person”. When you enter it, your body gets air pressure and the work changes its shape as you move in it. It is then reflected on yourself. This work enables you to experience such a chain of reflection. If you stay still, movement will stop and you can feel yourself through air pressure and plastic.


私たちは全身で音(振動)を聴いている。それは体内でも存在する。 物が動く時、音が発生し、それは事物のエネルギーであり、そして全ての物は影響し合って存在している。
作品は身体空間を表したもので、空気で満たされ形を保っている。 身体空間とは、「自分自身と、自分と他者との間の空間」のことを言う。 内側に入ると、空気の圧力が全身に掛かり、自分の動きの作用によって作品が動く。 また、それが自分に返ってくるという連鎖を感じてもらう体験型作品。 じっとして動かなければ、振動はおさまり、圧迫された空気とビニールを通して自分自身を感じることが出来る。