"SOKOFUKUKAZE Photo exhibition -Hiroyo Kitao's Shintai-Goto(performance)collaboration series"|2014|Photograph、Mirror
「そこふく風 写真展 ー身体感覚の記録ー」|2014|写真、ミラー

2014年7月19日の朝に行われた 『そこふく風』〜特別編〜
喜多尾浩代 の身体事 と 美術作家 平尾菜美 の写真による コラボレーションを基にした写真展。 身体事により炙り出される感覚 と 自らの身体感覚を通して行われた 写真的行為。 喫茶茶会記という場所に再帰する身体感覚の記録を、写真展(インスタレーション)として発表しました。

「写真的行為」について
「身体事」に関わるとき、わたしは普通でいう写真を撮っている感覚とは違う感覚にシフトしてシャッターを押している。 そこには普段存在する「撮る側」「撮られる側」の関係性が薄れ、視覚を重視せず、全身の感覚器官を解放して働かせ、わたし自身もパフォーマンスをしているように行っている。 言い換えてみれば、それは「身体感覚を通した写真的行為」といえる。