"sleep" (Installation) |2018|S(月島)
長屋(築90年)を改装し作られた、ちょっとユニークなお店[S]の1Fと2Fをまるごとお借りして3日間の展示を行いました。





1F 小作品や過去作品、プロダクトなど



Planned chaos|2015|Mobile|Film mirror, Metal|About 50-60cm



one day/Watch the mirror(document2)| 2017 | Silkscreen on Glass mirror




"between ◯ and ◯"|2016|Broach| Acrylics mirror、Wood, Metal|about 10mm 〜 100mm





one day/sleep DM
黒い厚みのあるカード(展示詳細が片面に書かれている)をsleepと描かれた白い薄紙で包んだ仕様になっています。sleepの文字は一枚一枚白いインクでスタンプしています。視覚的にも手触りや開くといった行為からも、DMも一つの作品のようにコンセプトを持って物として独立した形にしたいと思い、このような形に制作しました。Design by Daichi Aijima





2F one dayシリーズ、[S]の場で生まれた新作インスタレーションsleepなど
one day(document1)| 2017 | Silkscreen on cotton





one day/Close my eyes 目を閉じる(document3)| 2018 | Needles、Thread




one day/sleep(document3)| 2017 | Silkscreen on Nylon



one day/About sleeping 眠るについて(document3)| 2018 | Acrylic paint on Film mirror、Canvas
"Do not act" "Do not think" "Do not Feel"



「one day」

今日 と 明日とか
わたし と あなたとか
生 と 死とか

目に見えるもの 見えないものなど
この世界には、沢山の境界線が存在する

一日という区切りはどこにあるのあだろうか

日常のとある一日を切り取り、
行動を文字に起こし、更にその行動を細分化していく
言葉もまた、空間を仕切る境界線である



一日の行為を文字に起こし、
言葉と身体、空間などの成り立ちを探る「one day」シリーズ
今回は「眠る/Sleep」について考察しています



「眠るについて」

文字に起こした一日の行動の中で、
「眠る」だけが腑に落ちなかった

「眠る」とは何か
「眠る」とは行動なのか

他の行動は、自分の身体を使って行動している自覚があるが、
「眠る」には自覚がない

寝言を言ったとか、寝相が悪いなど、
全ては自分を他人が見ていた様子に過ぎない

夢を見ていても、それは既に過去を振り返ることであり、
「眠る」の今を知ることは出来ない

時間も、奥行きも触感もない
不在になる行為である