"between ◯ and ◯"(Self and others)| 2018 |Photo|渋谷ヒカリエ8F aiiima 2


2016年に制作した「between ◯ and ◯」の更新のため、DOOKS(ブックレーベル) POP UP OFFICE & SHOPのイベント内の3日間、参加型展示(過去作品の展示の他に、ご来場いただいた方の「手」などを被写体に撮影し、その場でL版にプリントし展示)を行いました。


これまでの「between ◯ and ◯」の作品は、自らの身体を被写体として撮影し、動き続ける身体で空間を区切り、写真という静止した二次元に留めることで、空間を見える形に浮かび上がらせ、その空間を他者と共有することをテーマにしています。実寸大の写真作品を元に、身体と空間の関係を身近に感覚する為にブローチという展開で、現在23種類まで制作しています。

今回、この作品(写真作品)に他者の身体を介入させる事で「個」の在り方を乱し、ヒト全体の身体の在り方(イメージ)を探ってみたいと思い、実験的な展示を行いました。